名称の由来

桜と梅、どちらが春の象徴なのか--
彼等はそんな議論に興味はない。美しく咲き誇り、散りゆくことに懸命だ。

桃と李、どちらが美味しいのか--
彼女等は比べられ、奪いあわれるために果実を実らせたのではない。

自分自身に生きること。
そこに表現の本質があると、自然は教えてくれているのではないでしょうか。


その表現に本気なアーティストのために、「桜梅桃李784」は活動します。

音楽、お笑い、ダンス、芝居、ジャンルを問わずにステージを用意します。
個性豊かなアーティスト同士の交流を生みます。
お求めやすいチケットで、求めていた感動をお届けします。

「桜梅桃李」の4文字に込めた想いを、ぜひライブで体感してください!

「桜梅桃李784」は、あなたが花を咲かせることを信じ、応援をします。あなたが実らせる果実を祝福します。

世界は待っています!
あなたにしかできない表現を!!

更新日: