伊藤慶徳

  • 登録日:
  • by
伊藤慶徳
website  blog  facebook  twitter

1983年生。茨城県出身。
アルファセレクション所属

小学生の頃から父親に連れていかれていた映画館で「男はつらいよ」と「釣りバカ日誌」の二本立てを見て育つ。後にそれが、俳優を志す原点となる。

茨城県で10代の頃から建築関係の職人、サラリーマン、工場作業員などを経て、興味があった俳優という夢を諦めきれず21歳で上京。

俳優養成所に入り一年間訓練を受け舞台に出演する。

その後、NYでサンフォード・マイズナーから直接学んだ樋口隆則が立ち上げた団体「SYMBION」で2年間演技を学ぶ。

その後は舞台、映画、ドラマ、CMなど活動の場を広げていく。

男くさい役から不器用で哀愁のある優しい男など、様々な役を演じ分ける。

近年の出演作は舞台、ビーバップハイスクール原作者の木内一裕作・演出「悪党どもが多すぎる」
1月期TVドラマ「福家警部補の挨拶」
映画、「踊る大捜査線 THE FAINAL」「アウトレイジビヨンド」「ウルヴァリン:SAMURAI」
2014年公開待機作は、柳楽優弥主演「最後の命」など。